経鼻内視鏡・無痛内視鏡検査について
内視鏡システムを一新いたしました。
NBI(狭帯域光・特殊光)による観察が可能です

NBI(Narrow Band Imaging=狭帯域光観察)内視鏡とは・・・
 通常、内視鏡光源からは、粘膜組織を自然な色で再現するために車のライトのように、ハロゲンランプや
キセノンランプを用いて太陽光のような広いスペクトル光を照射します。この広いスペクトル光は、診断に
重要な粘膜表層の血管構築やピットパターンと呼ばれるポリープや癌等の腫瘍の微細模様コントラストを低下
させる原因になっていました。
 NBIは、スペクトル幅の狭い光(青や緑等の短い波長の光)を使うことにより、診断に必要な特徴のコント
ラストを向上させ、特に喉頭癌や食道癌の診断、胃癌の浸潤範囲診断等に、高い診断能力を持っています。
 NBIでは、色素観察に似たピットパターン強調画像を得ることができます。
NBIは光学的な画像強調技術であるため、粘液の影響も受けにくく、色素散布の必要も無く、ボタンひとつで、
いつでもNBIに切替えられ、高いコントラストの画像で観察できます。これにより、検査時間の短縮や、病変
の悪性度、病変の範囲など、高度な診断が可能になりました。
 また、経口内視鏡や大腸内視鏡は、ハイビジョンで拡大機能付き内視鏡ですので、肉眼的診断に非常に
役立っております。

   
経口内視鏡、及び大腸内視鏡は拡大観察が可能です。
大腸検査時の腸管洗浄剤に、
新しく錠剤のものを導入しました。

(詳細は下記をご覧下さい)
■経鼻消化管内視鏡(経鼻胃カメラ)
■上部消化管内視鏡(胃カメラ)

■下部消化管内視鏡(大腸カメラ)
■予約方法
■説明書(PDF file)

■感染症検査
■内視鏡検査実績


NBI(Narrow Band Imaging=狭帯域光)観察機能対応内視鏡を
導入いたしました。NBIにより、より確実な観察が可能となりました。
尚、全ての内視鏡検査においてNB観察が可能ですので、
皆様のご都合に合わせ、予約を取らせて頂きます。
検査時間は基本的には午前中のみです。
尚、経鼻内視鏡は、ご相談いただければ時間を配慮します。

 尚、症状の強い方は、当日お食事を摂っていなければ
予約なしで当日検査も可能です。

 
また、医療事故防止のために、過去に抜歯や手術等の麻酔で、
気分が悪くなったり、蕁麻疹等のアレルギー反応が出た方
は、
遠慮無くお申し出下さい。



当院の経鼻内視鏡検査方法のご案内(鼻胃カメラ)(経鼻内視鏡詳細)
NBI対応経鼻内視鏡を使用しています)

1:内視鏡挿入による鼻出血を予防するために、血管収縮剤を鼻にスプレー致します。
2:消泡剤を飲んで頂いて、胃の中に残る泡を消します。
3:鼻に局所麻酔薬をスプレーして、鼻に麻酔を行います。
4:5分程度間隔を置いた後、再度鼻に局所麻酔薬をスプレーいたします。
5:喉に局所麻酔薬をスプレーし、喉の麻酔を行います。
6:検査を行います。(状態によりますが5~10分程度で終了します。)
7:検査終了後、鼻出血がなければこれで検査は終了です。
8:検査の結果を、パソコンの画面でご覧頂きながら説明致します。

当院の無痛内視鏡検査方法のご案内(胃カメラ)
NBI対応拡大機能付き内視鏡
を使用しております)


1:無痛内視鏡検査では、、検査の前に腕に点滴を留置致します。
2:消泡剤を飲んで頂いて、胃の中に残る泡を消します。
3:喉にスプレーして麻酔を行います。(うがいでは無いので簡単です。)
4:胃腸の動きを止める薬を、肩に筋肉注射致します。
5:体位をとったところで、生態情報モニターをセットし、点滴より鎮静剤を注射致します。
  (自動血圧監視、血中酸素飽和濃度持続測定、及び心電図監視が可能です。)
6:検査を行います。(状態によりますが5~10分程度で終了します。)
7:検査終了後、鎮静剤の拮抗薬(作用を打ち消す薬)を、点滴より投与致します。
8:検査後は1~2時間程お休み頂きます。
9:検査の結果を、パソコンの画面でご覧頂きながら説明致します。

(危険ですので、車やバイクを運転されての来院・帰宅はご遠慮下さい。)
(また、希望されない方は、従来法→2、3、4、6、9の手順のみで行います) 

当院の無痛内視鏡検査方法のご案内(大腸カメラ)
NBI対応拡大機能付き内視鏡を使用しております)

1:無痛内視鏡検査では、、検査の前に腕に点滴を留置致します。
2:胃腸の動きを止める薬を、肩に筋肉注射致します。
3:体位をとったところで、生態情報モニターをセットし、点滴より鎮静剤を注射致します。
  (自動血圧監視、血中酸素飽和濃度持続測定、及び心電図監視が可能です。)
4:検査を行います。(状態によりますが20分程度で終了します。)
  (尚、ポリープ切除術を行った場合、切除方法、切除数により時間が変わります)
5:検査終了後、鎮静剤の拮抗薬(作用を打ち消す薬)を、点滴より投与致します。
6:検査後は1~2時間程お休み頂きます。
7:検査の結果を、パソコンの画面でご覧頂きながら説明致します。

(危険ですので、車やバイクを運転されての来院・帰宅はご遠慮下さい。)
(また、希望されない方は、従来法で行います)
*事前に下剤の服用が必要となりますので、下記の下剤に関する項目を御覧下さい。 


予約の方法  
 以下の2通りの方法がございます。

1年以上受診されていない方
当院の受診歴がない方
その他すべての方
受診して予約してください。
(受診時に検査説明書をお渡しします)

1年以内に当院の受診歴がある方
当院で内視鏡検査を受けたことがある
(病状や常用薬に変わりのない方)
お電話での予約も受け付けております。
(検査説明書はご自宅にFAX致します)

※大腸内視鏡に於きましては、下剤を服用して腸管内をきれいにして頂く必要があります為、
必ず受診して頂き、下剤(プルセニド®・ニフレック®又はビジクリア®)の処方をさせて頂きます。
 ビジクリアは新しいタイプの錠剤の腸管洗浄剤です。錠剤を15分ごとに5錠ずつ飲んで戴き、
最終的に50錠飲んで頂きます。水やお茶、ウーロン茶で飲む事も可能ですので、楽に飲んで
頂く事ができます。
 また、下剤(ニフレック®)におきましては、腸閉塞時の服用による大腸破裂等の医療事故が
報告されておりますため、検査の説明と同時に、下剤(ニフレック®)服用時の注意事項を、
パンフレットにより説明させて頂いております。


説明書(PDF形式)
 1:
上部消化管内視鏡(胃カメラ)(PDFファイル)
 2:下部消化管内視鏡(大腸カメラ)(PDFファイル)
 3:ポリープ切除術承諾書(PDFファイル)

感染症予防対策(感染症検査について)
 内視鏡検査を受ける場合、梅毒・B型肝炎・C型肝炎の検査をさせて頂きます。
 (対象は、1年以内に当院で上記感染症の検査を受けていない方全員です。)

さとうクリニック
本文へジャンプ
ページトップへ▲
ページトップへ▲
診療予定表
スタッフ募集の          お知らせ
トップページ
   院長紹介
プラセンタ注射
 ニンニク注射

ページトップへ▲
ページトップへ▲
ページトップへ▲